ラウンドデビューするまでの3ヶ月間ステップ

ゴルフ初心者ののラウンドデビューするタイミングの目安について以前お話ししましたが、時間的にはどれくらいかければいいのか、ということについて。

ゴルフを始めたばかりの時は練習の頻度は人ぞれぞれなので一概にはいえませんが、初心者がラウンドデビューする目安の時間は3ヶ月ほどではないでしょうか。その間にしっかり練習して、コースデビューに備えるのが良いと思う。あまり時間をかけすぎるより、一度ラウンドを経験しておいた方がイメージもつかめるからだ。

<時間的目安>

1ヶ月目・・・

クラブの握り方、ボールの位置、スイングの仕方などを練習します。何度も練習場に通ったり、友人や同僚と一緒にやることで再確認し、マスターしておく。初心者レッスンや初心者の体験スクールがあるので入っても良いと思う。

最初のうちはすぐに忘れてしまうので、何度もチェックしてスイングの基本を身体に叩き込んでください。とにかく基本が重要。1ヶ月経っても覚えられていない場合は引き続きスイングレッスンをするのが良いかも。

2ヶ月目・・・

引き続き練習場で練習。、大きく振る(フルスイング)をしてクラブに当たる頻度を高くしていく。また、練習場にはヤーデージが記載されておりどのクラブでどのくらい飛ぶのかをチェックしておくとラウンドに役に立つ。

3ヶ月目・・・

ショートコースデビュー。練習場で練習したスイングで実際に打てるか、また自分の把握している距離通りに飛んでいるか、ショートコースを使ってコース上のマナーなどを習得。ここまでくるとだいぶスイングもしっかりして、ボールに当たるようになっていると思う。

初心者は最初はスイングが重要なので、忘れがちですが、ゴルフはもともとグリーンの穴にボールを入れるスポーツなので、パターも必須アイテム。パターは練習場ではなかなか練習しにくいが、ショートコースだと実践できるので、この機会に距離感や感覚を掴んで置いてください。上達が早くなります。グリーンの状態、芝の種類などでボールの転がり方は変わりますが、どのくらいの力で押しだせばどのくらい進むのか掴むのにはうってつけです。スイングに失敗する初心者だからこそパターの感覚は掴んで置きたいもの。

初めてのデビューに向けてクラブセットも用意しておきたいものです。ゴルフ場によってはレンタルしてくれるところもあるので聞いてみてもいいかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする