超簡単!ゴルフ初心者のアイアン選びのコツ!

初心者ゴルファーにとって、とっつきやすく、デザイン、性能も様々なドライバーはなんとなく好き嫌いがはっきりしていて比較的選びやすい傾向にありますが、一方アイアンはなぜだか二の次になってしまう。ゴルファーの永遠のテーマ「飛距離」はドライバーによって左右される部分が多いからだ。

でも実はドライバーより使う頻度が高いのがアイアン。アイアンは毎ホール使うし番手によって飛距離をコントロールする必要があるので重要なクラブなのだ。

まず、大きくわけるとアイアンには「カーボンシャフト」と「スチールシャフト」の2種類がある。カーボン、スチールとは素材の名前で、シャフト自体の作り方に大きな違いがある。

初心者ゴルファーにわかりやすい表現で説明すると、

カーボンシャフト:軽い。シャフトがしなるので非力なゴルファーにオススメ
スチールシャフト:重い。しっかり飛ばせる力があるゴルファーにオススメ

かなり大雑把に説明したが(大雑把すぎるかも)、簡単に言うとこういうこと。

初心者がゴルフクラブを選ぶとき、女性なのにスチールシャフトを選ぶということはまずない。男性の場合は女性に比べて力があるのでスチールシャフトを選ぶ傾向にあるが、カーボンシャフトを選んでも問題ない。つまり実際に持ってみて、振ってみて、無理がないシャフトの素材を選べば良い。

ちなみに通常ドライバーに使われるのはカーボンシャフトで、スチールシャフトが刺さったドライバーはカスタムでない限りあまり見ることはない。ドライバーはゴルフクラブの中で一番長さが長く、長いものほどボールを遠くに飛ばすことができる。

一方アイアンは、文字の通り「鉄の塊」で出来ていて、シャフトよりもヘッドの重さを利用して飛ばす、というイメージ。

アイアンのヘッドの形状にもポイントがあって、アイアンは大きく3種類のヘッド形状がある。「キャビティアイアン」「中空(ちゅうくう)アイアン」「マッスルバックアイアン」の3つ。それぞれの特徴を簡単に(本当に簡単に)・・・。

1.キャビティアイアン

フェースの後ろがくぼんだ(凹んだ?)アイアン。大きなヘッド形状にしやすい特徴があるので、初心者に向いている。ヘッドの下部が重い構造になっているので、球が上がりやすく、初心者でも扱いやすい。

2.中空アイアン

文字通りヘッド内部が空洞になっている(アイアンを2つに割ってみないと目には見えない)アイアンでミスヒットに強い。構造上、重心は深く高くなる傾向があり、キャビティよりやや抑え目の強い弾道になる。

←中身をわると中空構造になっている

3.マッスルバックアイアン

フラットバックともいい、ヘッドが1枚の板構造になっているアイアンのこと。形状は小ぶりでミスに厳しいが、肉厚があるので打感が良く弾道が強い。アスリート向けのアイアン。初心者は手を出すと危険w

要するに。アイアンは飛距離を出すのではなくコントロールするのに向いているクラブ。初心者が扱える範囲でミスショットに強いクラブ形状を選ぶことがポイント。初心者にはキャビティアイアンがオススメ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする