初心者のパター選びはフィーリングが大事

このゴールデンウィーク、ゴルフの予定が2回も入っている私ですが、パターを新しくしようかと思っています。ピン型に。

今使っているのはゴルフを始めたころに買い換えたテーラーメイドのイッツィービッツイィー。スパイダーパターの中ではコンパクトなヘッドでまっすぐ引いてまっすぐ戻すイメージがつかみやすかったので、先輩にも相談して購入したもの。正直まだ使えるしセカンドパターとして持っておくつもり。

パターはプレイの中でも繊細さが求められる、僕が始めたころは(というか今もだけど)パターだけはどうしても苦手意識が出てしまう。スパイダーは一度お店で手に取ってみて気に入った唯一のパター。なんとなくヘッドの軌道に任せてしまえばまっすぐにいく気がする安定感が好きだ。もしかしたら初心者が使うパターではないのかもしれないけど、やっぱりパターはフィーリング。欲しいパターを使えないより、信じたパターを使えた方がカップに入る率も高くなるのではないかと思ったり。

初心者にはピン型パターをとか、マレット型の方が安定してよいとか、初心者へのクラブの選び方に関する情報は色々あるけれど、クラブの中でもパターだけは形や名前など気に入ったものを使えば良いのではないか、というのが僕の考え方。

パターって思ったよりも技術もいるし、ラインの読みや経験も大事。

ゴルファーの中ではよくいうことだが、パットにおいては「弱気は最大の敵」となるのだ。どういうことかというと、カップに対し、ボールを打った時、カップに届かないような弱気なパターは当然入るはずがない。強気で打って万が一入らなかったとしてもパターの場合はそれでいい、と思って打つようにしている。だってカップを通り越すように打たなければ入る可能性すらないからだ。

パターってクラブの中でも一番繊細で、一番攻めが必要で、一番よく使うクラブ。

だからこそフィーリングが合うパターを選びたいし、そのパターで積極的にプレーできるようなモチベーションが上がるようなパターでないと、なんだかその日のゴルフが全て水の泡になってしまうような気がする・・・という僕の考え。

パターはじぶんが気に入ったものを使うことが一番だと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする