ドライバーは試打してから決めるべし!

今日はトーキャージャンボゴルフセンターへ練習に。ゴールデンウィークだがみんな旅行とか行ってるのかな、かなり空いていた。

最近、トーキョージャンボに入っているお店が新しくなって重宝している。試打クラブも増えたし。

そこで、前から打って見たいと思っていた「GBB EPIC サブゼロ」の試打クラブがあるみたいで打って見たいとスタッフに頼んでみたところ、ちょうど試打クラブがあるようで打って見た!!嬉しい!本当はエピックスターの方が僕にあっていると思っていたけど。マキロイや池田勇太もサブゼロを使っているとかなんとか。

 

初心者の皆さんがクラブを選ぶとき、本当にオススメするのは一度打ってみること。実はクラブって見た目と実際の打感が全く違うことってよくある。こんな感じだろうな、とイメージできるモデルほど案外打つと驚きがあるのだ。

正直これはとってもいい。何がいいかというと左に行きにくい。僕は正真正銘のスライサー(球が右に行ってしまう)だが、左に行きにくいとわかっていればちょっと左を向けばフェアウェイに着弾する可能性がある。まぁスライスを治す、とまでは言わないけど左に行かないとわかっていれば左を向けば右に行っても平気だ、という意味。

球がバラつかない、というのか、強く打っても吹け上がることがないのでこれは安心。思い切って狙っていける。

ヘッドがカーボンコンポジットだから打球音は低い。芯を喰っても、ゼクシオのように気持ちのいい音はしないけれども飛んでることがわかる音だ。

シャフトは純正シャフトのスピーダーエボリューション for GBB フレックスS。スピーダーは上級者が持っているイメージだけど僕レベルでも打てる。難しいと思っていたけど。

サブゼロは調整機能付き、いわゆるカチャカチャ。テーラーメイドのカチャカチャは互換性が低いと思うがキャロウェイはまぁまぁ。シャフトを変える、ヘッドを付け替えるだけで違うクラブになるからカチャカチャは結構気に入っている。

エピックスターも打ってみたいと思ったが現在誰かが使用している、結構待ったが戻って来なかったので今日はもう帰ってきた、エピックスターが打ってみたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする